ビデオパスでスマホやタブレットの通信量を一切使わずに動画を楽しむ方法

当サイトの管理人
動画配信サービスをモバイルデータ通信量を気にせずに利用して、莫大な通信量が発生してしまっていませんか?

動画配信サービスを利用する上で気になるのがモバイルデータ通信量。スマートフォンやタブレットで動画を再生すると莫大なデータ通信量が発生します。

多くの動画配信サービスが『定額で●万本の動画が見放題!』というサービスを提供している中、何も考えずにモバイルデータ通信でバンバン動画を視聴しているとあっとういう間にデータ通信量の上限に達してしまいます。

最近キャリアフリー化したことで何かと話題のauの動画配信サービス・ビデオパスですが、この記事ではビデオパスでスマホやタブレットの通信量を一切使わずに動画を楽しむ方法を解説していきます。


ビデオパスなら動画約1万本が月額562円で見放題!30日間無料キャンペーン実施中!



2018年8月以降ビデオパスがauユーザー以外でも利用可能になったが、気になるのは利用した時のモバイルデータ通信量

auが提供している動画配信サービスのビデオパスは、これまでauユーザーしか利用できないサービスでしたが、2018年8月からドコモやソフトバンクの携帯電話を利用している方でも『Wow! ID』というアカウントを取得することで、サービスに加入することが出来るようになりました。
(『Wow! ID』は無料で取得・維持ができます)

auの携帯電話を利用していない方にはあまりなじみのないサービスだと思いますので、簡単にビデオパスのサービス概要を説明すると下記の通り。

ビデオパスのサービス概要
ビデオパス概要
月額料金562円
見放題の動画数約1万本
毎月のビデオコイン付与
※新作等の視聴に利用
毎月540ビデオコインの付与あり。このビデオコインを利用して見放題以外の動画を視聴可能
対応端末スマホ
タブレット
パソコン
テレビ(スマートテレビ+ストリーミングデバイスにも対応)
再生方法ストリーミング再生に加えてダウンロード再生も可能

月額料金562円で約1万本の見放題の動画を楽しめることに加えて、毎月もらえる540コイン(ビデオコイン)を利用して新作等の映画も楽しむことが出るのがビデオパスの特徴です。

また、ストリーミング再生だけではなくダウンロード再生にも対応、動画を再生できる端末もスマホ・タブレット・パソコンに加えてテレビで視聴する為の様々なストリーミングデバイスに対応しています。

無料でお試しできるキャンペーンも行っている為、キャリアフリー化に伴ってこれから加入者数が増加することが想定されていますが、気になるのがビデオパスで動画を再生した時に発生するモバイルデータ通信量です。

ビデオパスをモバイルデータ通信で利用した時にどれぐらいの通信量が発生するのかという点を次に解説していきます。

ビデオパスで動画をモバイルデータ通信で視聴した場合の通信量

ビデオパスで動画を視聴した時に発生するデータ通信量に関しては、ビデオパスの公式サイトに下記のような記載があります。

データ通信量の目安

  • データ通信3GBで視聴できる動画数(時間)…約7時間半分の動画を視聴可能
  • データ通信5GBで視聴できる動画数(時間)…約12時間半分の動画を視聴可能

公式サイトのこの表示だと少しわかりづらいですが、これを1時間ごとに発生する通信量で計算すると、1時間ごとに約400MBの通信量が発生するという計算になります。

⇒400MB×7.5時間=3GB(3,000MB)
⇒400MB×12.5時間=5GB(5,000MB)

1時間に400MBの通信量が発生するということは、仮によくある2時間ものの映画を1本みただけで約800MBもの通信量が発生することになります。

これだけの通信量が発生する動画を何も考えずにモバイルデータ通信で視聴していると、通信量の上限に達してしまう可能性が高くなることは間違いありません。

ただ、モバイルデータ通信量を一切発生させずにビデオパスの動画を楽しむ方法がありますので、次にその方法を解説していきます。

ビデオパスでモバイルデータ通信量を一切発生させずに動画をとことん楽しむ方法

ビデオパスでモバイルデータ通信量を一切発生させずに動画をとことん楽しむには、『一切モバイルデータ通信では動画を視聴しない』という条件を守る必要があります。

要するに『WiFiを使ってしか動画の視聴や動画ファイルのダウンロードは行なわない』ということ。

ビデオパスはストリーミング再生だけではなく動画ファイルをスマホやタブレットにダウンロードしてオフライン再生することも出来る為、少し工夫するだけでモバイルデータ通信量を発生させずにたくさんの動画を楽しむことが出来ます。

モバイルデータ通信量を発生させない動画配信サービスの活用方法
  • 【自宅で動画を楽しむ場合】
  • ~自宅のWiFiを利用してストリーミング再生かダウンロード再生を行う。
    ~自宅のネット速度が不安定な場合は、ストリーミング再生だと動画が途切れがちになってしまうのでダウンロード再生を行うのがお勧め。

  • 【外出先で動画を楽しむ場合】
  • ~自宅のWiFiで事前に動画をダウンロードして外出先でオフライン再生する。
    ~外出先のWiFiスポットでストリーミング再生・動画のダウンロードを行う。

動画配信サービスを利用していると、例えば外にいる時にビデオパスからプッシュ通知でお勧め動画の通知が来た場合など、WiFiがない環境でも「すぐにこの動画を視聴したい!」と感じてしまうことがありますが、モバイルデータ通信量を発生させずに動画配信サービスを楽しむには、『WiFiでしかサービスの利用をしない』ことを徹底する必要があります。

まぁせっかく月額562円という非常に安い料金でたくさんの動画を見放題で楽しめるのに、このサービスを利用したことでデータ通信量をたくさん使ってしまう⇒通信制限を解除する為にデータ通信量を購入する…

なんてことになったら元も子もありませんから、動画配信サービスを利用する場合には『WiFiでしかサービスの利用をしない』ということを徹底することをお勧めします。

当サイトのアシスタント
もともと携帯電話会社が積極的に動画配信サービスを販売するようになったのは、モバイルデータ通信量を大量に消費させる為だと言われています。

自宅にWiFiがないけどビデオパスを利用して大丈夫?

これはビデオパスに限った話ではありませんが、自宅にWiFi環境がない方が動画配信サービスを利用するのは基本的にお勧めしません。

というのも、多くの動画配信サービスが『月額●円で●万本の動画が見放題!』というのを売りにしているのに、WiFi環境がない方はモバイルデータ通信量の関係で視聴できる動画数が限定されてしまうから。

『安い月額料金でたくさんの動画が視聴できる』という動画配信サービスの一番のメリットが、『安い月額料金で少しの動画だけ視聴できる』という使う価値があるのかどうなのかわからないものになってしまいます。

ただ、徹底して『外出先等のWiFiが利用できる場所で動画をダウンロード⇒オフライン再生をする』ということにこだわれば、自宅にWiFiがなくてもモバイルデータ通信量を発生させずに動画を楽しむことは出来ますが、外出先のWiFiスポットで毎回毎回いつまでかかるかわからない動画ファイルのダウンロードが終わるのを待つ…というのはけっこうしんどいと思います。

今は非常に安く使える自宅向けのネットサービスも増えてきていますから、ビデオパスを含めて動画配信サービスを存分に使いたいという方は、基本的に自宅にWiFi環境を構築することをお勧めします。


ビデオパスなら動画約1万本が月額562円で見放題!30日間無料キャンペーン実施中!



当サイトのアシスタント
ビデオパスでは、現在無料でお試しできるキャンペーンを実施しています!

ドコモユーザーやソフトバンクユーザーでもビデオパスを利用することは出来ますし、無料キャンペーンやサービス内容も全く変わりません!

auユーザー以外の方はまだ利用したことがない方のほうが多いと思いますので、一度無料で動画を楽しんでみることをお勧めします!

当ページの情報について

本ページの情報は2019年7月時点のものです。

最新の情報はビデオパス公式サイトでもご確認ください。